文化横丁

bunka_02 サンモール一番町からちょっと入ると、レトロな雰囲気を漂わせている文化横丁。「ブンヨコ」の愛称で親しまれるこの路地には、50を超える飲食店が軒を連ねています。もともとは大正13年に誕生した「東百軒店街」が原型で、翌年にはそこに活動写真館「文化キネマ」がうまれたことから文化横丁と呼ばれるようになりました。「安心して飲食できる店ばかりです」と文化横丁共栄会では胸を張っています。心ほどける場として人気のスポットです。

アクセス

関連記事

sk_yo_09_05

八仙の焼き餃子とカニ肉入り春巻

仙台っ子なら知らぬものはいない、横丁の餃子の名店「八仙」。昭和28年(1953)の開店当時からの看板メニュー「焼き餃子」は、小ぶりで女性でも二人前はペロリといける。カリっとした焼き面にモチモチの皮、豚肉とキャベツ、白菜、玉ねぎなどをミックスしたジューシーな…
コメントなし
sk_yo_13_01

気軽に立ち寄れる横丁の老舗すし店

昭和27年からこの場所で暖簾を掲げる「寿司本」。おすすめは、寿司も刺身も、一品料理も楽しめるボリュームたっぷりの「上寿司会席」だ。宮城県産のササニシキをシャリにし、その日一番よいネタを握る。今の時期は、ウニ、赤貝、カツオが美味い。昔ながらの…
コメントなし
sk_aj_13_01

寿司ならではの、ほやの至福の味わい

食通たちが通う文化横丁で、暖簾を構えて59年になる老舗の「新富寿司」。親方の佐藤栄一さんは「5、6月で一番美味しいのは、なんといっても宮城のほや」と胸を張る。「お好みで煮たり焼いたり、酢の物でも調理しますが、ぜひ試してほしいのが、ほやの握り」。サッと…
コメントなし

記事一覧を見る

横丁トップページヘ

PRESSもチェック!

2016.9.29 発行

vol.113
machinavi仙台townfeedで仙台を楽しもう

最新号を読む

>>バックナンバーはコチラ

スポンサードリンク

ページ上部へ戻る