カテゴリー:老舗の横顔

  • st_sh_07_04

    震災後の「編み物がしたい」との声が励みに

    明治22年(1889)に、初代の名そのままに「木村亀蔵」として興したのが「木村屋」のはじまり。当初から、和洋裁縫材料や小物を扱う店であったそうだ。専務取締役の木村貴則さんは「いつ木村亀蔵から木村屋になったのか、実は…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • st_sh_16_01

    仙台の鰻の元祖は、伊達家お抱えの御用職人だった

    仙台の鰻の元祖といえば、誰もが口をそろえる「大観楼」。創業は、江戸時代文政5年(1822)という超老舗だ。初代・遠藤忠造は、伊達家より城下の鰻の元締めを仰せつかった人物で、時の屋号は遠藤屋としていたという。
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • st_sh_12_04

    作る人、売る人、買う人が幸せになれば

    こけしや仙台堆朱、玉虫塗など宮城の伝統工芸品を取り扱う「彩りそえるしまぬき」の創業は、明治25年(1892)。初代の島貫建蔵が宮城県から煙草仕入鑑札を受け、「島貫煙草屋」を開業したのが始まりだ。5代目で現社長の島貫昭彦さんは「当時の広告を見ますと『煙草・砂糖・掛け物』とありますから、お菓子のようなものも売っていたよう…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • st_sh_14_01

    七夕を影で支える立役者

    「仙台七夕といえば、鳴海屋さん」いうほど、地元っこでは知らない人のいない鳴海屋紙商事。明治16年(1883)の創業当時は、若林区荒町で和紙や日用雑貨を販売していたという。
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • st_sh_21_01

    昔は「困ったらコミナトへ」っていわれていたなんでも屋だった

    カバン、バッグの専門店「コミナト」。創業は、明治20年(1887)で、当時は何でも扱う雑貨店だったという。 5代目店主の小湊幸夫さんは「昔は、『困ったらコミナトへ行け』って言われていたくらい、なんでもそろったみたいですね。それに…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • st_sh_22_02

    時の人物に名をちなんだ古き良き“まちの酒屋”

    一番町四丁目で、昔ながらの“まちの酒屋さん”の風情を残す「東郷酒店」。創業は明治30年(1897)で、その屋号は世界に名をとどろかせた元帥海軍大将の東郷平八郎にちなんだのだという。店主の小林智香さんは「当時の時の人でしたから…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • st_sh_23_01

    この店で結婚したカップルも!自然に会話が生まれる老舗酒店

    広瀬通を挟み南北に広がる商店街。 街の名前は「一番町」。通りの名前は「東一番丁通り」。江戸時代は侍の街であったこの界隈も、時の流れとともに老若男女が集うにぎやかなショッピングエリアへと変化を遂げたのである。 そういえ…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • st_sh_13_01

    やりがいを感じる地域への貢献

    創業文政2年(1819)の老舗百貨店「藤崎」。当時、一番の繁華街であった芭蕉の辻のすぐそばだけあって、商人や町人、そしてお侍まで多くの人でにぎわったことだろう。常にまちとともに歩んできた藤崎は、昔も今も、地域貢献を大きな企業命題としている。
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • st_sh_17_06

    この先100年も一番町で堂々と続けていきたい

    3代目の菅原和男さんは、「戦争の前は、近くに憲兵隊の建物があってね、よく兵隊さんが食べに来ていたようですよ。でも、戦争の後は、本当に何にもなくなっちゃったよなぁ。ここから仙台駅が見渡せたんですよ。
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • st_sh_18_01

    かつては鶏小屋が裏庭にあったことも

    仙台牛と牛たんの店、一番町四丁目のお肉屋さん「濱屋」。創業は明治19年(1886)で、当時は広瀬通りにあった玉澤横町でその看板を掲げた。社長の濱宏一郎さんは「当時は、鶏肉専門店でね。鶏肉を5羽売れば家族が生活できた時代だったと…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加

PRESSもチェック!

2016.9.29 発行

vol.113
machinavi仙台townfeedで仙台を楽しもう

最新号を読む

>>バックナンバーはコチラ

スポンサードリンク

ページ上部へ戻る