販売員から職人に!老舗工房の若き名工【Web深堀】

ハピナ名掛丁のカバン店といえば「タイコヤ」。昭和11年の創業で、かつては商店街に路面店を構えていたが、14年ほど前にビルの2階へと移転。現在は、カバン・バッグのオーダーメイド、修理をメインにしている。

名掛丁のアーケード内でひときわ目を引く大きな鞄。建物の横の階段を登ると、タイコヤのディスプレイが迎えてくれる

名掛丁のアーケード内でひときわ目を引く大きな鞄。建物の横の階段を登ると、タイコヤのディスプレイが迎えてくれる

P1060926 P1060929

 この「タイコヤ」で職人として技をふるうのが、工房主任の笹篤さんだ。笹さんは「20年ほど前に、販売員として入社しました。でも、社長がオーダーメイドや修理が得意な方なので、私にもその技術を教えてくれたんです。やり始めたら面白くて。もともと細かい作業が好きだったので、合っていたんだと思います。店が2階に移ってからは、ほとんど任せていただいています(笑)」と。

オーダーにしてもリメイクにしても、全てが違う作業だからいつも向き合う気持ちは新鮮です

オーダーにしてもリメイクにしても、全てが違う作業だからいつも向き合う気持ちは新鮮です

 笹さんの腕を信じて店に通う人はさまざま。「オーダーでいうと、“こういうものが作りたいんです”とデザインを書いてくる方や“このバッグが好きだから、同じようなものを作って”とお気に入りのバッグを持ってくる方もいますね。牛革、帆布、ナイロンなどの素材の選択から、金具や持ち手の形、細部にわたるまで打ち合わせをします。場合によってはサンプルを作ることもありますよ。オーダーの場合は、“こういうものを作りましょう”と決めてから最低1ヶ月ほどのお時間をいただいています」。

_XG_1112

皮革・布・ナイロンと扱う素材が違っても経験と培った勘で作業を進める

皮革・布・ナイロンと扱う素材が違っても経験と培った勘で作業を進める

入社当時は包丁(素材を切るナイフ)の刃を研ぐことから修行が始まったとのこと

入社当時は包丁(素材を切るナイフ)の刃を研ぐことから修行が始まったとのこと

_XG_1142

いま工房内で使っているミシンは5台。素材によって道具も使い分けている

いま工房内で使っているミシンは5台。素材によって道具も使い分けている

修理やリフォームでは「片手に不自由があるお客さまが、“すべて片手で操作しやすいようにしてほしい”と持ち込まれたこともありますし、持ち手やカバンの中がボロボロになった、お気に入りのブランドバッグをリフォームしたい…などがあります。ただし、ブランドもののバッグに関しては、少しでも手を加えるとその価値がなくなってしまうということもあるので、注意が必要です。あとは、よく電話で“持ち手を変えるといくらですか?” “ファスナー交換は?”などと質問されることがありますが、やはり私自身の目で実際に確認しないとわかりません。ですので、電話だけではなく一度お持ちいただければと思います」。

天然の革は年々価格も上がってきて、貴重な材料とのこと

天然の革は年々価格も上がってきて、貴重な材料とのこと

_XG_1120

使い終わったランドセルを小さくリメイクしたミニランドセル

使い終わったランドセルを小さくリメイクしたミニランドセル

P1060914

INFORMATION

店名
タイコヤ
住所
仙台市青葉区中央一丁目8-23 2F
営業時間
10:00~19:00
休業日
月曜、第1火曜
TEL
022-261-2355
URL
http://www.taikoya.jp/

MAP

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

NEWS & TOPICS

  1. 歌のちから
  2. おおまち 空中ステージコンサート
  3. 14_zuiho_001
  4. P1100385
  5. チラシ_XEBIO3店舗分_ページ_3

machinaviPRESSの深掘版

  1. blog108_1_07
  2. blog108_2_03
  3. P1060914
  4. blog_a_07
  5. XG_1377
  6. 撮影場所:北庭 天気の良い日には、美術館見学の小学生たちが芝生の上でお弁当を広げる。右奥/新宮晋作「時の旅人」、左/フェルナンド・ボテロ作「馬に乗る男」
  7. 撮影場所:1F情報資料センター 収蔵資料や仙台についての検索ができたり、約4,000冊の図書が閲覧可能。この部屋からは、館庭を眺めながら仙台の歴史に思いを馳せることができる。左奥/小室達作「伊達政宗胸像」
  8. blog_i_01
  9. blog_o_03
  10. blog_19_B

PRESSもチェック!

2016.9.29 発行

vol.113
machinavi仙台townfeedで仙台を楽しもう

最新号を読む

>>バックナンバーはコチラ

スポンサードリンク

ページ上部へ戻る