タグ:仙台せり

  • sk_aj_08_01

    シンプル・イズ・ベストをその舌で感じるせり鍋

    “予約でいっぱいの居酒屋”として知られる「伊達のいろり焼 蔵の庄」。地産地消にこだわった旬の食材と料理の数々が、熱心なリピーターを生み出しているカリスマティックな店だ。その「蔵の庄」のせり鍋は、名取産の無農薬仙台せりと脂の乗った鶏肉を、昆布を始め…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • sk_aj_09_01

    何を選ぶかは、あなた次第 感動の味わいをぜひ!

    上杉の裏通りに暖簾を構える「旬魚旬菜 仁」。新鮮な魚介と季節の野菜の素材をいかした料理の数々が自慢の隠れ家的和食処だ。この店のせり鍋が他店と大きく異なるのは、その日の仕入れによっても、食べる人の好みによっても、仙台せり以外の鍋の内容が大きく異な…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • sk_aj_10_01

    農園直送! 滋味あふれる野菜をたっぷり召し上がれ

    一番町の人気店として連日賑わいをみせる「居酒屋きりん」は、農家から直接仕入れた朝採り野菜を使ったさまざまなメニューが、ヘルシー志向の人たちから圧倒的な支持を受けている。そんな「きりん」の冬の人気メニューが「仙台白菜と豚肉のせり鍋」。優しい味わいのだしに、豚肉と…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • sk_aj_07_01

    名取産の無農薬せりと、蔵王産鴨肉のコンビネーション

    春の七草のひとつである「せり」。その和名の由来は、葉が競うようにして出てくる「競る」から「せり」に転化したという説があります。そんな、生命力あふれるせりの、出荷量日本一を誇るのが、わが宮城県。仙台のお隣の名取は名産地として知られ、「仙台せり」の名で…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • sk_aj_02_02

    仙台せりは、季節によっても違う。その美味しさを味わってほしい。

    仙台せりの産地として知られる、名取市。その歴史は古く、とある文献によれば元和年間(1620年)には“名取で野生のせりの栽培が始まっていた”とある。そんな歴史ある伝統野菜、仙台せりについて話を伺おうと、名取市下余田の大内繁徳さんを…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • sk_aj_03_01

    鍋はもちろんだけど、いろいろな調理法も試してみて!

    “市民の台所”として、一般客から飲食店関係者まで、毎日多くの買い物客がやってくる仙台朝市。この場所で長く商いを続ける今庄青果の専務・庄子泰浩さんは、ここ最近の「仙台せり」の人気について、「今までもせりは仙台では普通に食べられ…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • sk_aj_04_01

    正統派せり鍋で今宵は一献いかが?

    春の七草のひとつである「せり」。その和名の由来は、葉が競うようにして出てくる「競る」から「せり」に転化したという説があります。そんな、生命力あふれるせりの、出荷量日本一を誇るのが、わが宮城県。仙台のお隣の名取は名産地として知られ…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • sk_aj_05_01

    大人気!仙台せりをしゃぶしゃぶで!

    仙台駅すぐ近くという好立地もあって、新幹線待ちにふらりと立ち寄るお客さんも多い「いな穂」。この店の看板メニューとなっているのが「せりしゃぶ」だ。昆布とかつお節でとったスープに鴨肉を入れてひと煮立ちさせたら、名取・下余田産の無農薬せりの根を…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • sk_aj_06_01

    朝採りの仙台せりをたっぷり召し上がれ!

    春の七草のひとつである「せり」。その和名の由来は、葉が競うようにして出てくる「競る」から「せり」に転化したという説があります。 そんな、生命力あふれるせりの、出荷量日本一を誇るのが、わが宮城県。仙台のお隣の名取は名…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加

PRESSもチェック!

2016.9.29 発行

vol.113
machinavi仙台townfeedで仙台を楽しもう

最新号を読む

>>バックナンバーはコチラ

スポンサードリンク

ページ上部へ戻る