商店街のこと

仙台市中心部商店街紹介

東北でも最大級の規模を誇る、仙台市中心部の各商店街。お買い物に、お食事に。仙台の魅力がたくさんつまった各商店街についてご紹介します。

4chome

一番町四丁目商店街

市内中心部の一番町商店街の広瀬通り角の東映ビルから定禅寺通りまでの全長約400mの…
続きを読む
oomachi1

マーブルロードおおまち商店街

藩政時代から、仙台城築城にあわせて移り住んだ町人達の屋敷があった御譜代町だった…
続きを読む
summall021

サンモール一番町商店街

サンモール一番町は南北に伸びる一番町商店街の南端にあり、仙台駅から東西に伸びる中央…
続きを読む
vlandome1

ぶらんどーむ一番町商店街

開放感たっぷりの高く明るいドーム型の天井が、お洒落な雰囲気を作り出している一番町…
続きを読む
clisroad1

クリスロード商店街

仙台駅から歩いて5分ほどの場所にあるクリスロード商店街は、仙台の福の神「仙台四郎」を…
続きを読む
nakakecho1

ハピナ名掛丁商店街

仙台駅の目の前から東西に伸びるアーケード街の入口が「ハピナ名掛丁」の愛称で親しま…
続きを読む

仙台市中心部商店街に関する記事

st_sh_04_01

時代時代にあったものを取り入れてきた

創業明治43年(1910)と、市内でも屈指の老舗かまぼこ店である「松澤蒲鉾店」。創業の地は南町通り付近だったが、戦後、名掛丁へと移って来たのだそうだ。当時は、この場所に住まいと工場と店舗があったため、現社長の松澤宏樹さんも…
コメントなし
_XG_1163ぶらんどーむ

街が人が神輿が動く!【その四】

―中心部商店街 夏まつり― 商店街の顔「祭り半纏」 7月、8月の中心部商店街は毎週のように夏祭りが目白押し!そ […]
コメントなし
st_sh_09_01

店は、商品だけでなく信用も買うところ

三原本店の創業は、明治20年(1887)。初代が米沢から仙台へと移り住み、肴町の角で時計店を開業したのが始まりだという。その9年後には、商店街の移り変わりを予見して、現在の場所へと移転した。それからは“ハイカラな時計塔のある店…
コメントなし

「商店街のこと」記事一覧へ

PRESSもチェック!

2016.9.29 発行

vol.113
machinavi仙台townfeedで仙台を楽しもう

最新号を読む

>>バックナンバーはコチラ

スポンサードリンク

ページ上部へ戻る