稲荷小路

稲荷小路

東一番丁通と国分町通の間に平行する通りで、戦後の復興区画整理でできた道路です。通りのまん中にお稲荷神社があったことから「稲荷小路」と呼ばれるようになりましたが、昭和23年の虎屋横丁の火災の ときに、このお稲荷さんの隣で鎮火したことから「火伏せの守護神」として鎮座しております。

アクセス

横丁トップページヘ

PRESSもチェック!

2016.9.29 発行

vol.113
machinavi仙台townfeedで仙台を楽しもう

最新号を読む

>>バックナンバーはコチラ

スポンサードリンク

ページ上部へ戻る