やっぱり秋の仙台にはJAZZが似合う!

定禅寺通のケヤキ並木が紅葉する11月ももうすぐ。

秋色に包まれた遊歩道を、足元の枯葉を踏みしめながら歩くのも、この季節ならではの楽しみです。

枯葉よ~、枯葉よ~♦♫♦・*:..。♦♫♦*゚¨゚゚・*:..。♦ と口ずさみながら、「仙台の街にはやはりJAZZが似合う!」と、あらためて思うのであります。

特にこの時期に聴きたくなるのは、生の演奏が楽しめるJAZZライブ。

CDで聴くのとは違う迫力あるステージがいいなぁ・・・と、思っていたところに届きました! 街ナビ編集部宛にうれしいお知らせが。

かれこれ1年前。machinavi PRESS仙台Vol.105(2015年9月号)の特集【SENDAIもうひとつのJAZZ物語】にご登場いただいた、ジャズサックスプレーヤー 林宏樹さん。

_C0T0679

ジャズのことを楽しくお話してくれた林さん。気さくなお人柄です。

特集の中では、仙台の高校生が主人公のジャズを題材にした漫画「BLUE GIANT」(石塚真一氏作・小学館ビッグコミック連載中)をテーマに、取材でお話をうかがいました。

その林さんから『今年のジャズフェスでのNHKの企画にて、なんと「BLUE GIANT」の作者の石塚さんにお会いする事が出来ましたー!! しかも作品の中に出てくる曲を演奏するといった企画で、主人公の大くん役になって難曲を吹かされました。これもmachinavi PRESSさんに取り上げて頂いたお陰ですね!ありがとうございました♪』というご報告をいただいたのです。

これは、林さんの実力と活動が認められての結果だと思いますが、街ナビが少しでもお役に立てたようで、うれしい限りです。

_C0T0725

サックスを持つと顔つきが変わる!

P1050012

ビッグコミックに連載中の「BLUE GIANT」。単行本も発売されています。

 

そして、もうひとつうれしいお知らせが。

林さん率いるビッグバンドのライブが2016年11月11日に開催されるとのことです! ワン・ワン・ワン・ワンの日ですね!? 

メンバーは、仙台・東北を代表する新進気鋭の若手ミュージシャンと、仙台を代表するピアニスト/作・編曲家の榊原光裕さんに加え、ゲストにモンキーマジックのツアーなどでも活躍されているパーカッションの齋藤寛さんといった、なんとも豪華な顔ぶれだそうです。

ライブタイトルは「Journey to JAZZ」。ジャズが誕生するまでの音楽の変遷(アフリカ~アメリカ大陸)を実際の演奏で辿っていくという試みとのこと。想像しただけでも感動120%!という感じでしょうか!

_C0T2019

ライブでの林さん。サックスを演奏している姿がクール!

 

 紅葉美しい仙台の街を躍動感溢れるリズムで包み込むJAZZライブ。もうひとつの心を紅く熱くする“高揚”を感じに出かけませんか?

 JourneytoJAZZ_A JourneytoJAZZ_B

林宏樹 The Future Formers Bigband Live

「Journey to JAZZ」

2016年11月11日(金) OPEN/19:00 START/19:30

PLACE/darwin 仙台市青葉区一番町3-9-13 DATE ONEビルB1F

TICKET/全席自由 一般¥3,500 大学生以下¥2,000 ※立ち見席あり ※ドリンク代500円当日別途必要

[チケットぴあ Pコード 310366]

お問い合わせ/the jazzman studio (Tel. 090-4044-5864  mail. the.g.jazzman@gmail.com)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

NEWS & TOPICS

  1. 歌のちから
  2. おおまち 空中ステージコンサート
  3. 14_zuiho_001
  4. P1100385
  5. チラシ_XEBIO3店舗分_ページ_3

machinaviPRESSの深掘版

  1. blog108_1_07
  2. blog108_2_03
  3. P1060914
  4. blog_a_07
  5. XG_1377
  6. 撮影場所:北庭 天気の良い日には、美術館見学の小学生たちが芝生の上でお弁当を広げる。右奥/新宮晋作「時の旅人」、左/フェルナンド・ボテロ作「馬に乗る男」
  7. 撮影場所:1F情報資料センター 収蔵資料や仙台についての検索ができたり、約4,000冊の図書が閲覧可能。この部屋からは、館庭を眺めながら仙台の歴史に思いを馳せることができる。左奥/小室達作「伊達政宗胸像」
  8. blog_i_01
  9. blog_o_03
  10. blog_19_B

PRESSもチェック!

2016.9.29 発行

vol.113
machinavi仙台townfeedで仙台を楽しもう

最新号を読む

>>バックナンバーはコチラ

スポンサードリンク

ページ上部へ戻る