一番町四丁目商店街

4chome 市内中心部の一番町商店街の広瀬通り角の東映ビルから定禅寺通りまでの全長約400mの商店街です。両側の店沿いにアーケードが掛かり、石畳の舗道には街路樹、ベンチ、水のみ場やヨーロッパ風の電話ボックス等があります。また、三越百貨店など大型店と地元商店街とが共生している街です。四丁目商店街には「東一横丁」、「東一センター」、「稲荷小路」、「虎屋横丁」などの名物横丁があます。

一番町四丁目商店街のホームページ

old_hapi藩政時代は侍町、明治維新後に繁華街となりました。昭和になり昭和29年には東北初のアーケードを完成させるなど、常に時代に先駆けた商店街づくりを進めてきました。現在のアーケードは昭和57年に完成したもので、通りの両側にだけアーケードがかかり、晴れた日には太陽光が差し込み、青空を眺めることができる明るい雰囲気が特徴の商店街です。

アクセス

関連記事

st_sh_21_01

昔は「困ったらコミナトへ」っていわれていたなんでも屋だった

カバン、バッグの専門店「コミナト」。創業は、明治20年(1887)で、当時は何でも扱う雑貨店だったという。 5代目店主の小湊幸夫さんは「昔は、『困ったらコミナトへ行け』って言われていたくらい、なんでもそろったみたいですね。それに…
コメントなし
st_sh_18_01

かつては鶏小屋が裏庭にあったことも

仙台牛と牛たんの店、一番町四丁目のお肉屋さん「濱屋」。創業は明治19年(1886)で、当時は広瀬通りにあった玉澤横町でその看板を掲げた。社長の濱宏一郎さんは「当時は、鶏肉専門店でね。鶏肉を5羽売れば家族が生活できた時代だったと…
コメントなし
印鑑を売るだけの商売ではありません。印鑑にまつわるマナーもお教えするのが私のモットーです」と、37年間彫り師として店を守ってきた佐藤耕敏さん

わが子の人生の節目に贈る印鑑それはいつしか、“思い出の品”に【Web深堀】

この春、卒業や入学を控えて、新しく印鑑を作る…という人も多いことだろう。「一般的には、認め印、銀行印、実印の3 […]
コメントなし

記事一覧を見る

商店街トップページヘ

PRESSもチェック!

2016.9.29 発行

vol.113
machinavi仙台townfeedで仙台を楽しもう

最新号を読む

>>バックナンバーはコチラ

スポンサードリンク

ページ上部へ戻る