一番町四丁目商店街

4chome 市内中心部の一番町商店街の広瀬通り角の東映ビルから定禅寺通りまでの全長約400mの商店街です。両側の店沿いにアーケードが掛かり、石畳の舗道には街路樹、ベンチ、水のみ場やヨーロッパ風の電話ボックス等があります。また、三越百貨店など大型店と地元商店街とが共生している街です。四丁目商店街には「東一横丁」、「東一センター」、「稲荷小路」、「虎屋横丁」などの名物横丁があます。

一番町四丁目商店街のホームページ

old_hapi藩政時代は侍町、明治維新後に繁華街となりました。昭和になり昭和29年には東北初のアーケードを完成させるなど、常に時代に先駆けた商店街づくりを進めてきました。現在のアーケードは昭和57年に完成したもので、通りの両側にだけアーケードがかかり、晴れた日には太陽光が差し込み、青空を眺めることができる明るい雰囲気が特徴の商店街です。

アクセス

関連記事

87歳とは思えぬほどしっかりとした応対でリクエストに応える高橋智佐子さん。東一市場のマドンナです

御年87歳の今もメガネ要らず!小さなテイラーの細腕繁盛記【Web深堀】

戦後のバラックの名残を今に伝えるような、小さな飲食店が立ち並ぶ東一市場。ここで60年以上にわたって丸八洋裁店を […]
コメントなし
st_sh_21_01

昔は「困ったらコミナトへ」っていわれていたなんでも屋だった

カバン、バッグの専門店「コミナト」。創業は、明治20年(1887)で、当時は何でも扱う雑貨店だったという。 5代目店主の小湊幸夫さんは「昔は、『困ったらコミナトへ行け』って言われていたくらい、なんでもそろったみたいですね。それに…
コメントなし
st_sh_19_03

街の人に便利に使ってもらう— それがこの場所で商いをするということ

開店時間の午前11時。その時を待ちかねたように店に続々とお客さまが入ってくる。一番町四丁目の「おそばさん竹」のいつもの風景だ。創業は、明治40年(1907)の上海。天ぷらを中心とした日本料理の店として暖簾を構えた。戦後、上海から…
コメントなし

記事一覧を見る

商店街トップページヘ

PRESSもチェック!

2016.9.29 発行

vol.113
machinavi仙台townfeedで仙台を楽しもう

最新号を読む

>>バックナンバーはコチラ

スポンサードリンク

ページ上部へ戻る