白菜をたっぷりいただくヘルシーメニュー【仙台伝統野菜】

blog_i_01 ピエンロー鍋(1,382円) 居酒屋「わおん」で提供するユニークなネーミングの「ピエンロー鍋」は、白菜を主役とした中華鍋。
「食材は仙台のこだわりの生産者さんから直接仕入れています。その美味しさを引き出すためには手間暇を惜しみません」と胸を張るオーナーの石川さん

「食材は仙台のこだわりの生産者さんから直接仕入れています。その美味しさを引き出すためには手間暇を惜しみません」と胸を張るオーナーの石川さん

オーナーの石川邦夫さんによると「妹尾河童さんが“お気に入り鍋”と紹介したことで人気に火が付いたようです。
契約農家さんから直接仕入れているこだわりの仙台白菜。味も格別である

契約農家さんから直接仕入れているこだわりの仙台白菜。味も格別である

白菜そのものの美味しさを堪能できるシンプルなお鍋なんですよ」と。泉ヶ岳の生産農家から直接仕入れた原木しいたけから丁寧に出汁を取り、それに仙台白菜と豚肉、鶏肉、春雨などを加えて加熱、食べる直前に各々が塩と唐辛子で自分好みに味を調える。
blog_i_03

3日間かけてゆっくり戻した乾燥しいたけはふっくらとして旨い出汁がでる

石川さんは「しいたけは3日かけて出汁を取ります。驚くほどふくよかな味を楽しんでいただけますよ」。その言葉通り、出汁の風味がしっかりしている鍋は、お酒のお供にもぴったりだ。 そして「わをん」の超イチオシメニューにして、デビュー間もないにも関わらずダントツ人気となっているのが「仙台名物厚切り牛タン」(1598円)。 blog_i_06 熟成になんと1カ月もかけることで、分厚い牛タンが驚くほど柔らかく、うま味もアップするそうで、牛タンを食べなれている地元っ子ですら「こんな牛タンは初めて!」と驚嘆の声をあげるという。「これが、その牛タンです」と、石川さんが見せてくれた肉は、確かにこれまで見たことがないほどに分厚い。 blog_i_05 そして待つこと10分ほど。焼きあがった牛タンは、柔らかくてジューシーで、「これは本当に牛タンなの?」と、思ってしまうほど。衝撃的なこの美味さを、ぜひあなたも体験してほしい。 blog_i_07

INFORMATION

店名
癒酒屋 わおん 仙台駅前店
住所
仙台市青葉区一番町三丁目3−18
営業時間
18:00~23:00
休業日
日曜(予約の場合営業可)12/31~1/3
TEL
022-722-0560

MAP

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

NEWS & TOPICS

  1. 歌のちから
  2. おおまち 空中ステージコンサート
  3. 14_zuiho_001
  4. P1100385
  5. チラシ_XEBIO3店舗分_ページ_3

machinaviPRESSの深掘版

  1. 庭園には伊達政宗公の胸像が。
  2. blog108_1_07
  3. blog108_2_03
  4. P1060914
  5. blog_a_07
  6. XG_1377
  7. 撮影場所:北庭 天気の良い日には、美術館見学の小学生たちが芝生の上でお弁当を広げる。右奥/新宮晋作「時の旅人」、左/フェルナンド・ボテロ作「馬に乗る男」
  8. 撮影場所:1F情報資料センター 収蔵資料や仙台についての検索ができたり、約4,000冊の図書が閲覧可能。この部屋からは、館庭を眺めながら仙台の歴史に思いを馳せることができる。左奥/小室達作「伊達政宗胸像」
  9. blog_i_01
  10. blog_o_03

PRESSもチェック!

2016.9.29 発行

vol.113
machinavi仙台townfeedで仙台を楽しもう

最新号を読む

>>バックナンバーはコチラ

スポンサードリンク

ページ上部へ戻る