クリスロード商店街

clisroad1 仙台駅から歩いて5分ほどの場所にあるクリスロード商店街は、仙台の福の神「仙台四郎」を奉る三瀧山不動院のある、中央通の3つのアーケードの真ん中に位置する商店街。コーヒーショップ、ドラッグストア、ファーストフードなどが店舗を構える一方で、人形店、呉服店、文具店から酒屋、金物屋、地元名産の笹蒲店など老舗の店舗も数多く並んでいます。「クリスロード」とは、クリエイティブ・ライフ・イン・ショッピング(Creative Life In Shopping)の頭文字と、通りのロード(ROAD)が一緒になった新しい愛言葉です。

>>クリスロード商店街のホームページ

城下町開府当初は日形町と呼ばれていましたが、藩政時代は公用の運搬や物の輸送のために馬や人足が置かれ、伝馬役(てんまやく)という役割をはたす町として「新伝馬町」(しんてんまち)と呼ばれ、国分町、北材木町、北目町と共に四伝馬町のひとつとして栄え、毎月二十六日から晦日までを担当し伝馬十匹を置いたといわれています。その後、昭和45年に中央地区の地番変更により「中央二丁目」と地名が変わり、平成4年現在のアーケード完成とともに、新しい名前「クリスロード商店街」となり、多くの人に親しまれている商店街です。

アクセス

関連記事

バリスタのこだわりがコーヒーを入れる仕草にも現れる

お客さまの感動した顔を見るのが、すごく楽しい【Web深堀】

クリスロード商店街「メガネは水晶堂」ビル3Fにある「カフェ ミティーク」は、二番丁通が見下ろせる街なかのおしゃれなカフェ。 自家焙煎の珈琲と青葉区宮町のパティスリー「ミティーク」が手がけるケーキが楽しめるお店です。
コメントなし
お客様から求められていると思うと、一日30~40足の修理も苦ではない

果物店のアルバイトが、1ヶ月で靴のリペア職人に!?【Web深堀】

クリスロード商店街の雑居ビルの地下に店舗を構える「Baroque Works」は、合鍵と靴修理の専門店。オーナーの鈴木寛さんは「僕、果物屋さんで働いていたんですよ。その時、どういうわけか…
コメントなし
「足が花緒に慣れるしかないんだけど、少しでも履きやすい状態に仕上げてあげたいね」と話しながらも、スイスイと作業が進んでいく

“職人の店”を受け継ぐ快活な3代目【Web深堀】

 個性的な店が軒を連ねる名掛丁商店街の中で“街なかの下駄屋さん”として親しまれている「おはきもの林屋」。暖簾を […]
コメントなし
st_sh_05_03

これからも、メイド・イン・ジャパンの優れたものを提供していきたい

明治42年(1909)、「三好堂」は造花業として創業。現在、その暖簾を守るのは、4代目の三好一夫さんだ。「曾祖母は手先がとても器用だったようで、作って売るだけでなく、人に教えたりもしていたようです。祖父の代になって…
コメントなし
st_sh_06_01

お客様をとにかく大事に、正直に商売を

創業明治20年(1887)の荒岩本店。初代の荒井岩之助の名から屋号を荒岩としたが「最初は、岩沼で商売をしていました。初代、つまり現社長の祖父が仙台に移って、それで小間物の卸売を始めたんです。当時は、芭蕉の辻あたりが人通りが多かったから、逆にこの場所は卸売をするのには最適だったようですね」と、副社長の荒井美佐子さんは…
コメントなし

記事一覧を見る

商店街トップページヘ

PRESSもチェック!

2016.9.29 発行

vol.113
machinavi仙台townfeedで仙台を楽しもう

最新号を読む

>>バックナンバーはコチラ

スポンサードリンク

ページ上部へ戻る