もんじゃ焼き 下町や【東西線仙台駅から散歩】

~まもなく地下鉄東西線開業1周年~

blog_19_A

仙台では珍しい、もんじゃ焼きとお好み焼きの専門店で、仙台銀座で暖簾を構えて13年になるという「下町や」。お通しに登場するのは、なんと牛カルビ。しかも「これがお通し?」と思わず口に出してしまうほどのボリューム。この太っ腹なサービスが、常連客の心をがっちりつかんでいる秘訣なのだろう。 そんな「下町や」でぜひ味わってほしいのが「至福のエビタルお好み焼き」。今年の春に登場したメニューながら、いまやナンバーワンに迫る勢いの人気だ。お好み焼きの生地には、2種類のだしと長いも、そして人参のすりおろしが入り、うま味も十分。そこにプリッとしたエビを10尾以上とチーズたっぷり投入した贅沢な一品なのだ。 blog_19_B blog_19_C 上にタルタルソースとお好みソースをかけ、へらでお好み焼きを割ると、中からトロトロのチーズがあふれだす。アツアツを口にほおばりながらビールを流し込めば、「ああ、幸せ!」と思わず口をついて出るに違いない。 さらに「下町や」では、ランチタイムに「ライスカレー」を税込み500円で提供。牛スジ入りで、しかも大盛も無料。ランチタイムも太っ腹なサービスでお客さまをもてなしている。 blog_19_D

INFORMATION

店名
もんじゃ焼き 下町や
住所
青葉区中央三丁目10-3 DS中央ビル2F
営業時間
11:30~13:30/17:00~24:00(L.O 23:30)
休業日
不定休
TEL
022-712-1688

MAP

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

NEWS & TOPICS

  1. 歌のちから
  2. おおまち 空中ステージコンサート
  3. 14_zuiho_001
  4. P1100385
  5. チラシ_XEBIO3店舗分_ページ_3

machinaviPRESSの深掘版

  1. blog108_1_07
  2. blog108_2_03
  3. P1060914
  4. blog_a_07
  5. XG_1377
  6. 撮影場所:北庭 天気の良い日には、美術館見学の小学生たちが芝生の上でお弁当を広げる。右奥/新宮晋作「時の旅人」、左/フェルナンド・ボテロ作「馬に乗る男」
  7. 撮影場所:1F情報資料センター 収蔵資料や仙台についての検索ができたり、約4,000冊の図書が閲覧可能。この部屋からは、館庭を眺めながら仙台の歴史に思いを馳せることができる。左奥/小室達作「伊達政宗胸像」
  8. blog_i_01
  9. blog_o_03
  10. blog_19_B

PRESSもチェック!

2016.9.29 発行

vol.113
machinavi仙台townfeedで仙台を楽しもう

最新号を読む

>>バックナンバーはコチラ

スポンサードリンク

ページ上部へ戻る