リペアマンの仕事は、気持ちのいい音が出せるかどうか【Web深堀版】

 サンモール一番町商店街の中で、ロッカーの聖地ともいえる「Super Guitar Shop BIG BOSS SENDAI」。メタリカのジェイムズ・ヘットフィールドら一流ミュージシャンらが使用しているESPをはじめ、さまざまなブランドのギターやベースを販売している。店長の舘野令史さんは「みなさん最初のギターは、比較的リーズナブルなものを選ばれることが多いです。でも、本当は最初からオーダーメイドで作ってしまったほうが、自分にしっくりくるものができるので、いいんですよ。ただ、お値段も高くなりますから、なかなかそういうお客さまはいらっしゃいませんね」と笑う。

オーダーメイドギター用の木とパーツが並ぶコーナー。ギターはボディの木の種類で音が違ってくる

オーダーメイドギター用の木とパーツが並ぶコーナー。ギターはボディの木の種類で音が違ってくる

_XG_1047 _XG_1048

オーダーメイドギターの数はそれほど多くないそうだが、「それでも月に1本程度はご注文がありますよ。材質や音楽のスタイルによって、まったく音の違うギターになるんです。それに、形状も色も材質も自在ですし、特殊仕様にすることもできます。ギター好きなら1本は持ちたいですよね」と。舘野さん自身ももともとはギタープレーヤー。「中学生でギターを始めて、高校生の時に使っている木でギターの音が変わるというのを知ってからは、ギター自体にハマっちゃったんですよ」と。

かつてはギタープレーヤーだった店長の舘野さん。やはりギターがお似合い

かつてはギタープレーヤーだった店長の舘野さん。やはりギターがお似合い

こうして舘野さんは、ショップ併設のESPクラフトアカデミーを卒業し、リペアマンとなった。「私が一番大切にしているのは、お客さまの好みのセッティングにするということ。ギターは、1本1本違うので、それぞれのクセを見抜くことも必要です。でも、この世界には教科書もないし、どんなにやっても完成というところがないんです。極論を言えば、気持ちのいい音が出るか出ないか、それだけなんですよ」。

店長からの技を受け継いで音の探求を続けているリペアマンの吉野元気さん

店長からの技を受け継いで音の探求を続けているリペアマンの吉野元気さん

弦の張り替えやチューニングにはポイントがたくさんある。丁寧にひとつずつ仕上げて納得のいく音を探し出す

弦の張り替えやチューニングにはポイントがたくさんある。丁寧にひとつずつ仕上げて納得のいく音を探し出す

_XG_1073

 現在はマネジメントにまわっているため、リペアマンは卒業した舘野さん。「本当はずっとギターをいじっていたいんですけれど、そうもいかなくて…(笑)。今は、優秀な若手に任せています」。こうして、繊細な音の違いを作り出すリペアマンの仕事は、次世代へと引き継がれている。

お客様のさまざまなリクエストに応えるBIG BOSSのスタッフさんたち

お客様のさまざまなリクエストに応えるBIG BOSSのスタッフさんたち

ギターをはじめさまざまな弦楽器が所狭しと並ぶ店内。その眺めは圧巻!ドラムのスティックもあります!

ギターをはじめさまざまな弦楽器が所狭しと並ぶ店内。その眺めは圧巻!ドラムのスティックもあります!

P1060886

一流ミュージシャンも訪れる人気の店

一流ミュージシャンも訪れる人気の店

 

INFORMATION

店名
Super Guitar Shop BIG BOSS SENDAI スーパーギターショップ ビックボス仙台
住所
仙台市青葉区一番町二丁目3-33
営業時間
平日11:00~20:00、土曜11:00~19:00、日祝]10:00~19:00 年中無休
TEL
022-267-0495
URL
http://www.bigboss.jp/sendai/

MAP

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

NEWS & TOPICS

  1. 三瀧山不動尊まつり
  2. P1040220
  3. _XG_1163ぶらんどーむ
  4. 歌のちから
  5. おおまち 空中ステージコンサート

machinaviPRESSの深掘版

  1. P1040220
  2. 本祭りの28日には「夏の大祭祈祷会」が行われている
  3. 楽しみがい
っぱいの露天
  4. 庭園には伊達政宗公の胸像が。
  5. blog108_1_07
  6. blog108_2_03
  7. P1060914
  8. blog_a_07
  9. XG_1377
  10. 撮影場所:北庭 天気の良い日には、美術館見学の小学生たちが芝生の上でお弁当を広げる。右奥/新宮晋作「時の旅人」、左/フェルナンド・ボテロ作「馬に乗る男」

PRESSもチェック!

2016.9.29 発行

vol.113
machinavi仙台townfeedで仙台を楽しもう

最新号を読む

>>バックナンバーはコチラ

スポンサードリンク

ページ上部へ戻る